読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullnull7の日記

プログラミング、写真、旅、その他日常について。

ファイアーエムブレムif 白夜王国をクリア

ついに出ましたねー。
ひとまず白夜王国のハードカジュアルをクリアしました。プレイした感想をつらつら書いてみます。

システム面

前作からの違いとしては

  1. レベルシステムの変更(パラレルプルフ使ってもレベル変わらない、高レベル時の獲得経験値量減少)
  2. ダブルの弱体化(攻陣・後陣への分化)

が大きかったと感じています。特に1。
覚醒では一人だけ集中して育ててればそのキャラだけで無双して勝利できましたが、今回は集中して育ててもすぐに経験値ほぼ貰えなくなる&経験値貰えないレベルでもそこまで強くはない。
そのため、何も考えずに特定キャラを育てて突っ込ませるだけじゃなくて、全体のバランスを考えてプレイする必要がでてくる。
ダブルが強すぎたのも含めて、良いバランス調整だなと感じました。
あとは三すくみの拡大や手裏剣などのステータス変化系武器の増加、またスキルの多様化ですね。
ルナティックやルナティック+に挑むには、この辺をしっかりやっていかないとダメそうですね。

ストーリーとか

長い。とにかく長い。
計29章ありましたが、20章くらいでちょうど良かったです。
前作が「目の前の敵を倒すと更に強大な敵が出てきて最終的に世界の命運をかけた戦いへと転じる」というメリハリがついた王道ストーリーだったのに比べて、 今回は最初から一貫して同じ敵と戦い続けるので進捗が感じられず飽きます。
白夜と暗夜のどちらを選ぶのか?という、序盤の掴みは覚醒よりも良かっただけに残念です。

難易度的な意味では、全員が上級職になって特に苦戦することがなくなり、ただただ大量の敵を捌いていくだけの作業ゲーになってくる20章あたりからが辛かった。ストーリーの停滞と相まってこの辺で一度投げかけましたw

キャラ・スキル

思い入れのあるキャラだけ

  • 主人公:安定して強い。前作よりは弱くなった。特に習得スキルの面で少し弱い。
  • フェリシア:主人公とダブルさせたり、手裏剣使ったり回復したり、後半はストラテジストになって周りの強化したり魔法使ったり。主力にはなれずとも活躍してました。主人公の結婚相手。
  • アクア:最初から踊り子いるっていうのも新鮮ですね。踊り以外の活動は特になし。
  • オボロ:全体的にステータス高めな主力選手。防御封じが強い。婆娑羅になると守備・魔防のどちらも高くなり使い勝手良かった。
  • スズカゼ:準主力選手。防御が強くないが回避が多いので、ギリギリ前に出せなくもない。
  • タクミ:途中から強さに気づいた。隣接されると反撃できない&防御が強くない点はイマイチ。
  • リョーマ:最後までお世話になった。兄貴強い。

スキルはやはり防御封じが強いですね。あとは竜穿、先手必勝、蛇毒、流星、破天あたり。
絡繰師の現し身人形が異常に強そうという噂。次は欲しいなあ。

音楽

相変わらず音楽良いですね。テーマ曲(「if~ひとり思う~」)、テーマ曲モチーフにしてる最終戦BGM(「すべての路の果てに〜天」)とか好きです。
覚醒もサウンドトラック買っちゃいましたが、こっちも買います。


こんなところかな。
お次は暗夜王国のルナティックカジュアル。それが終わったら第三ルートのルナティックプラスクラシック…といく予定。
…無理そう。笑